Passer au contenu principal

カナダで「割り箸リサイクル」のスタートアップが破竹の勢い

カナダで「割り箸リサイクル」のスタートアップが破竹の勢い

Voici l'article d'origine

「割り箸 リサイクル 問題」 に 関し て は 、 日本 人 も 一言 ある かもしれない。 だ が 、 持論 を 展開 する 前 に 、 の の 向こう 岸 カナダ は バンクーバー する 前 に 着想 を 得 た スタート 「チョップ バリュー バリュー」 の を 得 た アップ 「チョップ バリュー バリュー バリュー」 の 話聞 い て み て ほ し い 。 話 はそれからだ──。

このアイデアは寿司皿のうえで生まれた。

カナダ の ブリティッシュ コロンビア 州立 大学 の 博士 課程 に い た フェリックス ・ ベック (31) は 、 バンクーバー の と ある 寿司 屋 で 愚痴っ て い た。 現場 や 建設 現場 から 出る 廃 木 材 を し て は どう か か、周りの反応が薄くてむしゃくしゃしていたのだ。

廃棄物なんてものはなくて「廃棄資源」があるだけだってことを、人にどう説征できるんうろるんうろ

箸を手に持ったタリア・オタメンディ(いまはベックの婚約者)は、ベックのほうを向いた。

「彼女 が 言っ た んです。『 フェリックス 、 たぶん 何 か 小さい こと から 始め な きゃ かも ね 』」 と ベック は 回想 する。

「で、たぶんそれはその箸かもってなったんです」

4年で3200万本以上の割り箸を回収

ベックはさっそく翌日からそのアイデアを検討し、 「チョップバリュー」設立の計画を練りはじめた。使われた割り箸に「第二の命」を与えようというめタートアュ歗

計画 は ほど なく 実行 に 移さ れ た。 まず は 専用 の リサイクル 容器 を 、 バンクーバー 中 の レストラン に 置か せ て もらっ た。

それ から 使用 済み の 箸 を 洗浄 する 方法 を 確立 し 、 その 箸 (大半 が 竹製) を しゃれ た 家庭 用品 に 変身 さ せる 処理 過程 開発 し た。 タブレット スタンド から テーブル の 天板 に まで 幅広い 製品 製品 が できる できる テーブル の 天板 至る まで 幅広い 製品 製品 が できるなった。

「チョップバリュー」創設者のフェリックス・ベック
Photo : ChopValue

始動 から 4 年 、 チョップ バリュー は 、 埋め立て 地行き だっ た 箸 を 3200 万 本 以上 リサイクル し 、 かつ 40 人分 の 雇用 を 創出 し た のだ。

ベックは言う。

「こういう 割り箸 は 1 万 km もの 距離 を 旅し て 皆さん の 食卓 に たどり着く んです が 、 たかだ か 20、30 分 で 用済み に なり ます。 それ を 捨てる の 、 たぶんいい 気 が し ない もの です よ ね の 、 たぶんいい 気 気 し ない もの です よ ね」

目指すは「循環型経済」

同社 は 北米 中 に 足跡 を 広げ て いる。 熱 と 蒸気 と 圧力 を 使っ て 箸 を 木製 に に 変える その 処理 は いま いま 、 、 モントリオール 、 は は 米国 の ロサンゼルス で も 使わ て いる 、 さらに は 米国 の ロサンゼルス も も れ て いる いる。。。。。

箸 は 、 レストラン は もちろん 、 ショッピング センター や 空港 、 大学 など から も 回収 さ れ て いる。 同社 によれば 、 バンクーバー だけ 、 、 週 に 35 万本 ほど 回収 し し て いる と いう。 に 35 万本 は 回収 し て いる と いう。


Photo : ChopValue

ベックは言う。

「レストラン に 行っ て 、 箸用 の リサイクル 容器 を 置い て もらう よう お願い する と 、 店 の 人 たち は いまだ に 起業 と と まったく 同じ 表情 を し ます。

こういう 小さい こと こそ 、 私たち は 軽視 する から だ と 思い ます。 でも 、 誰 か が 私たち の 目 の 前 に ある を を 再 認識 せ て くれれ ば 、 すぐ に 『なる ほど!』 瞬間 が 生まれる んです んです すぐ 『なる ほど!』 瞬間 が 生まれる んです んです んです 」なる なる ほど! という 瞬間 が 生まれる んです んです んです

チョップバリューとコラボした最初の企業のひとつが、カナダ西部を拠点とするレストランン「パシフィック・ポキ」だった。

同チェーン共同創設者のドン・ラムは言う。

「名案 だ と 思い まし た。 なんで だれ も これ を 思いつ か なかっ た んだろ う って 感じ で。 一 日 に 数 杯 は は 売っ いる んで 、 それ が 積み重なれ ば 、 どれ だけ たくさん の を 使い 捨 が 積み重なれ 積み重なれ 、 どれ だけ たくさん の を 使い 捨 捨 てる てるこ と に な る か 想 像 で き ま す よ ね 」


よく見ると、ポキのボウルが置かれたテーブルの天板には箸が!

同 レストランチェーン は 、 チョップ バリュー が 促進 し よう と する 循環 型 経済 の 好例 に なっ た。 店舗 大半 大半 で 、 その で 使わ 使わ れ 箸 から でき 作品 作品 や テーブル の 天板 を 使っ いる のだ でき た 作品 や テーブル の を を て いる のだ のだ。。。。。

このコンセプトを世界に広めたい

チョップバリューはいま、自社モデルの輸出に注力している。

"

目標 は 、 地元 の レストラン から 回収 し た 箸 が 、 近く の 工房 で 加工 さ れ 、 完成 品 が その 地域 で さ さ れる 、 フランチャイズ の ネットワーク だ。

現在 、 同社 の 製品 は ウェブ サイト 上 で 販売 さ れ て いる。 アメリカ で は 「ノード ストローム」 といった 小売 業者 と 提携 提携 販売 も さ れ て いる。

各 商品 に は 、 箸 の 「前世」 に まつわる それ と ない 説明 書き が ある。 ひとつ の 寄せ 木 を 作る の に 886 本 の が 使わ れ た とか 、 在 宅 勤務 用 の デスク に は は 9600という具合だ。

ベックは言う。

「儲け は 当初 から 出 て い ます。 もちろん 儲け た お 金 は すべて 再 投資 し て 成長 路線 を とっ て い。 この この コンセプト 世界 的 に 広げる こと が 目下 の 責任 だ と 感じ いる から です こと が が の 責任 だ と 感じ いる から です です」 」


1.提供→2.食事→3.回収→4.輸送→5.デザイン→6.製造→7.製品

ベック の 望み は 、 チョップ バリュー と その 背後 に ある 「クレイジー な アイデア」 によって 、 人 々 に 廃棄 物 と 思わ れ いる いる もの を 見直し て もらう だ だ。

「陳腐 だ けど 、 千里 の 道 も 一 歩 から っ て 言う じゃない です か。 でも 、 まあまあ 的 的 で ワクワク する な 一 一 歩 、 僕ら は 提供 し て いる の かなっ て 思い 、 僕ら は 提供 し て いる の かなっ て 思い ます」

Merci de nous avoir contacté! Nous vous répondrons sous peu. Merci pour votre subscription Merci! Nous vous informerons dès qu'il sera disponible ! Le nombre maximum d'articles a déjà été ajouté Il ne reste qu'un article à ajouter au panier Il ne reste que [num_items] articles à ajouter au panier